明神平の樹氷

待望の青空に間に合いほっとしたのもつかの間。
いつ樹氷が落ち始めるのか知れない気温は0~-1度です。
南を見るとうっすらとした白い雲が流れ始めています。
ザックを降ろし、景色を堪能します。
120228-122419_R.jpg
かつてはスキー場の名残で平原が広がっていますが、どうやってスキーを楽しんでいたのか?
リフトで軽々と高度を稼げる今では、考えられない山奥です。
1時間でも早ければもっと真っ白な世界だったはずです。
それにしてもバックが青だと気持ちが良い。
120228-123145_R.jpg
細い枝にびっしりとエビの尻尾が着いています。
120228-124741_R.jpg
風上に向かってついていると言うことは、風下を見ると真っ白さが増すわけです。
すごいモコモコ度です。
120228-124750_R.jpg
昼食の準備をしている頃になって樹氷が落ち始めました。
120228-131411_R.jpg
何とか間に合い、満足感に浸る私。
120228-125605_R.jpg
夜に冷え込み日中は樹氷を何とか保つという奇跡の一日に訪れた幸運に感謝したい。

続く。
スポンサーサイト
プロフィール

オシン

Author:オシン
奈良県桜井市から田舎暮らしの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
ポチッとよろしく
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR