熊野古道を行く

熊野詣で歩きたかった古道。
大門坂を望む。
110609-123102_R.jpg

110609-123324_R.jpg
我が父は石段は上れないため、車で青岸渡寺に向かいます。
足を踏み入れて早々に何かがさっと横切る。
追いかけるてみると暖かくなって目を覚ました蛇が一匹。
110609-123357_R.jpg
夫婦杉が入口に構えています。
デカい!なんちゅう大きさ!
110609-123611_R.jpg
両手を広げても全く幹の半分にも届かない。
110609-123818_R.jpg
樹齢800年の楠、幹には治療の痕に扉が設けてあります。
110609-123910_R.jpg

110609-123848_R.jpg
巨木にはいつも見るだけで畏怖を感じます。
ただ、人の世を超えた長い年月を過ごした畏怖を。
敷かれた石は角がなくナメ石そのもの、どれだけの人が歩いたのか。
110609-123940_R.jpg
石段の両脇にそびえる巨木は参拝者を見守っているよう。
110609-124055_R.jpg
熊野古道は全てが昔のままではなく舗装路となった部分も多いそうです。
そんな古道を歩いて、がっかりしたという声もありますが、ここだけは違いました。
延々と上る石段は、これまで経た年月を証明していました。
若い時にここに来ても、感嘆はするでしょうが。
今、この年になって私がこの道を歩く意味を考えながら足を運ばないといけない。
そう思いながら、延々と続く石段を上ります。
110609-124342_R.jpg
坂の途中で、那智の滝が眺められます。
110609-124948_R.jpg
登りきった駐車場にある記念撮影のポイント。
110609-130013_R.jpg
登ってきた皆が誘われるはず。門前町にある誘惑の看板。
110609-130326_R.jpg
この石段を上れば西国巡礼一番札所です。
110609-130511_R.jpg
大門坂は現代を忘れさせてくれる、非日常を感じられる道です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オシン

Author:オシン
奈良県桜井市から田舎暮らしの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
ポチッとよろしく
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR