シンビジウム ミス マフェット

下垂性のシンビジュームが開花。
花茎が下垂するシンビジウムの原種の代表と言えばキンリョウヘン(金陵辺)と、着生種のデボニアナム(devonianum)ですが、その両種の一代交配種がこのミス マフェットです。
DPP_0222.jpg
去年は株分けしたので花は望めませんでしたが、今年僅かながらも花を着けました。
来年はもっと花数が増えるはずです。

やっと、デンドロビュームも咲き出しました。
そろそろ、植え替えや株分けが始まります。

そして、夏野菜の苗を物色中です。
小チビはおひさまコーン、坊ちゃんカボチャ、ミニトマトを農業屋の折り込みを一緒に見ながら指差してます。
加えて枝豆とグリーンカーテンにゴーヤで行くか。
最近の気温で雑草の伸びも凄く、刈った雑草は積むと山盛りとなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オシン

Author:オシン
奈良県桜井市から田舎暮らしの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
ポチッとよろしく
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR