夏山登山、木曽御嶽山へ

今年の目標にしていた、標高3000mの山を登る。
去年は何気に乗鞍岳を、なんちゃって登山よろしく歩いたところはまってしまった様です。
夏の猛暑の中、3000mの高所は涼しいのか?
いやいや、どんなにすばらしい眺望が待っているのかを確かめに行って来ました。

荷物積んで会社へ走り、忘れた財布をゲットし出発です。
すでに0:30。
目標の山は、私としては馴染みのある木曽御嶽山へ。

予定はおんたけスキー場の田の原駐車場で星空撮影し、あわよくば夜が明ける前に8合目付近まで登り、日の出を拝む。
出来ればいいなぁ~との予定は早くも難しくなりそう。
現地には日の出後の5:30着。
DPP_1063.jpg
予定は粉砕でした。
今から仮眠取れば、昼まで寝てしまいそうなので、ええいと不眠で登ることにしました。
毎冬はスキーに木曽へ来ているのですが、雪の無いおんたけは初めて見ます。
左が大きく崩れて穴が空いていて、びっくりです。
DPP_1065.jpg
しかし、所々崩れた姿がなんと男らしい山容でしょうか。
DPP_1067.jpg
夜通し車の運転し、寝ずで山歩きがどこまで出来るのか、体力に挑戦となりました。
出発は6:05
DPP_1068.jpg
序盤は低い木立の中を歩きます。
DPP_1069.jpg
徐々にきつくなり、見上げれば先行している人の姿が見えます。
もう下りてくる人もいます、小屋泊の人たちかな。
振り返ると中央に三笠山、空気の層がくっきりと境界線になっています。
DPP_1070.jpg
本日御嶽神社のお祭りがあるせいか、信者の方々が「~~六根清浄」と唱和しながら登っている。
よくよく聞いていると「もうすぐ日陰~、六根清浄」やら「もうすぐ休憩~、六根清浄」等。
結構アバウトやな(笑)。
DPP_1098.jpg
登山道は、ほぼ直線で頂上に向かっているおかげで、結構きつい。
ごろごろした石や岩の道は、見た目よりステップを小さく刻めるのでしんどさは少ないです。
7:00に8合目の金剛童子(2475m)着、順調に登っています。
DPP_1078.jpg
振り返る眺望。
DPP_1074.jpg
傾斜はきつい。
DPP_1091.jpg
下界では猛暑でもここでは残雪の横を登ります。
DPP_1080.jpg
7:45 9合目の一口水で休憩です。
DPP_1084.jpg
横の残雪は白い煙が立ち涼しげな気持ちにさせてくれます。
DPP_1088.jpg
イワカガミの花が咲いていました。
DPP_1102.jpg
下からずっと見上げていた王滝山頂小屋が少しずつ大きくなって来ています。
DPP_1082.jpg

DPP_1085.jpg
8:05 登山道横の大のぞき。
DPP_1095.jpg
振り返れば眼下に広がる樹林と遠景がすばらしい。
DPP_1075.jpg
あとちょっとです。
DPP_1093.jpg
王滝山頂の小屋裏で朝食の菓子パンを頬張り、休憩です。
DPP_1099.jpg
8:25 噴煙が昇っていました。
DPP_1100.jpg
剣ヶ峰まであと少しです。
DPP_1101.jpg
がんばれ~私、な気持ちです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オシン

Author:オシン
奈良県桜井市から田舎暮らしの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
ポチッとよろしく
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR