八経ヶ岳、近畿最高峰へ

前夜の天気予報は晴れマークオンリー。
さぁ、そんな天気は山へ行かなくてはなりません。
大峯の山も少しずつ歩いて行くつもりでしたが、眺望が望めるのなら行ってしまえ。
近畿のてっぺんへ。
行者還トンネル西口の駐車場で準備をしていると団体さんが到着されました。
7:40に挨拶して出発です。
気温は15度前後で、少し肌寒し。
DPP_1648.jpg
川沿いは直ぐに終わり、登りが始まります。
高度を稼ぐ代わりに、歩く速度はかなりゆっくりとなります。
色づき始めた葉がありますが、ほとんどはまだ青々としてます。
DPP_1649.jpg
8:25 大峯奥馳道に合流、これからは普通に歩ける道です。
DPP_1650.jpg
9:10 聖宝ノ宿跡に奉ってある像。
DPP_1657.jpg
景色が開け、やっと弥山が見えます。
DPP_1653.jpg
小屋も確認できます。
これで、テンションはかなりアップしました。
DPP_1654.jpg
シンボル的な枯れ木。
DPP_1655.jpg
振り返ると山並みが連なる。
DPP_1659.jpg
10:00 弥山小屋に到着。
DPP_1660.jpg
きれいなチップ制のトイレも併設されています。
そのまま、山頂へ進みます。
DPP_1662.jpg
天川弁財天神社の奥宮となっています。
DPP_1661.jpg
すごいところにあるもんですね。
参拝ついでにはなかなかここまではこれません。
ここから目指す峰、八経ヶ岳が望めます。
DPP_1663.jpg
枯れ木の中を、青空のもと進みます。
DPP_1664.jpg
色づき始めた大木、ちらほらと目に付くようになりました
DPP_1656.jpg
一旦下りたので、もくもくと登り返す
さぁ、現れた階段...。
DPP_1658.jpg
10:35 近畿の最高峰に到着です。
DPP_1665.jpg
天気は申し分無い。
眼下に広がる大きな深い谷と山が連なる景色。
DPP_1666.jpg
写真にすると小さくまとまってしまっています。
弥山小屋を振り返る。奥は山上ヶ岳ですね。
DPP_1667.jpg
しかし、、、、。
山並みしかないね。
DPP_1671.jpg
霞む中五條市辺りの街並みが見えます。
DPP_1670.jpg
海が見れたらよかったのに、それは無理か。
次の峰、明星ヶ岳はすぐそこです。
DPP_1669.jpg
しばし一人占めの時間を満喫していましたが、山頂は広くはありません。
DPP_1668.jpg
団体さんがやって来たので弥山に戻る事にしました。
しかし、天気が良すぎ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オシン

Author:オシン
奈良県桜井市から田舎暮らしの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
ポチッとよろしく
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR