八経ヶ岳

7/8 6:40にトンネル西口から八経ヶ岳へ出発。
駐車場はすでに満杯で一段下のスペースに車を置いた。
13063635
この時期にしか咲かない天女花を求めて登る人達は多い。
入口付近に咲いていた、ヤマアジサイ。
13063653
今回は最初の沢の橋を渡ってから、沢筋コースを進みます。
正規ルートはここから木の根が張り出した階段状の尾根筋ルートです。
階段はなく穏やかに進んで行きますが、全然足が進まない。
まだ体が眠っているのか?
時間は十分にあるので体が温まるのを待つしかないか。
苔ワールドの中をゆっくりゆっくり。
13063636
涼しげな滝を見ながら、ゆっくり。
13063637
小さな蝉の抜け殻が連なる巨木。
13063638
シャクナゲの群生が現れると正規ルートに合流です。
13063639
この沢コースは全然歩きやすかった。
歩みは変わらず、体がペースを上げることを拒んでいる感じです。
7:50 奥駆道に合流。
13063640
変わらぬペースで進みます。風が心地よいのが救いです。
弥山が見えたが、正直あれを登るのかと気持ちが負け気味。
13063641
小屋の屋根が見えます。
13063642
それでも、足を進めれば必ず着くもんだと言い聞かせます。
バイケイソウの花がたくさん咲いて、独特の匂いを漂わせています。
あまりの匂いに他の花を撮ります。
13063650
木の階段で、足元の石が跳ねた。
と、びっくりしたらカエルだった。
13063643
毎回何かにびっくりさせられる。
9:35 小屋前で菓子パンを食べて休憩します。
ここまで来れば、目指す山頂と花はもうすぐです。
13063644
10:20 八経ヶ岳。
13063645
北の方は、怪しい雲が流れてきています。
13063646
景色を眺めたら、確認していた天女花を観賞しに戻ります。
13063631
弥山小屋前のコケワールドの中で昼食休憩していると、もくもくと雲がわいてきます
13063647
11:40 ちょっと早い気もするが下山。
雨の心配はありませんでした、気温は20度ちょっとで涼しい。
帰路ではペースも戻ってきたが、この岩の上でつまずいた。
13063649
とっさに頭が足を動かせ~っと指令を出し、見事に両足が駆ける様に動いてこけずに済んだ。
登りの時といい、自分の身体ではないようでした。
こんなこともあるもんだ。
下りは正規のルート、やっぱり木の根が張り出していて歩き難い。
13063651
冷たい沢の水で顔を洗い、13:50駐車場着。
この後は、自販機でコーラを買って一気飲みと温泉で一日が終了でした。
夏山登山、山の上はとても涼しかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オシン

Author:オシン
奈良県桜井市から田舎暮らしの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
ポチッとよろしく
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR